鷹野 ゆき恵

Yukie Takano


3歳よりモダンバレエを始める。
17歳で、NY市カーネギーホールでの国際交流チャリティー公演に、バレエダンサーとして出演。
以降、エンターテイメントの世界に身を置いている。
東京ディズニーリゾート内のエンターテイメントショーをはじめ、様々なイベントやショーの立ち上げ、運営に携わる。

その中で、自然と司会業の依頼を受け始め、結婚式・披露宴、企業内パーティー、国際交流イベント、音楽イベント、社交ダンスパーティー、各種セミナーなど、幅広い分野の司会を経験。

フランス国立図書館所蔵品の紹介や、大手企業の新製品を世界に発信する為のバイリンガルMCも務める。

ナレーションや電話応答アナウンスでも、様々な企業からの指名を受け、大手企業で起用される。
世界最大大手食品企業のウェルカムナレーション、官公庁の電話受付窓口で、国際慈善団体のナレーション、ウエディング動画ナレーションなどを担当。
声だけで様々なシーンを演出し、各企業のマスコットボイスを務める。

また、ダンサーやモデルへのダンス指導、国内外から迎えるVIPの接客、コールセンターでの顧客対応、コミュニケーション研修の担当など、過去20年間のホスピタリティー溢れる接客を通して「伝える」スキルを磨いてきた経験から、 大手保険会社をはじめとする企業などで、「魅力的な笑顔」や「心のケア」「幸せなコミュニケーション」についての セミナー講師も務める。

Yukie Takano began her ballet studies at the age of 3.
When she was 17 years old, she has performed as a ballet dancer in the charity concert at Carnegie Hall in USA.
After that, she has been working in the entertainment industry and involved in a project for Tokyo Disney Resort’s entertainment shows and a variety of event.

By making use of her experience, she has started working as MC for a wide range of fields such as wedding, company’s party, international exchange event, music festival, ballroom dancing party, and various kinds of seminar.

She also has experiences as a bilingual MC for the exhibition of the National Library of France, the PR exposition of the new products for the top-ranked corporation, and so on.

Experiences of announcement of a telephone customer service, she has been offered by the major food company in the world, government office, an international charitable institution, and narration for a wedding movie.
She can act a perfect fit for the multiple scenes.

In addition, she has been held seminars for companies, specializing in presenting your best smile, mental care, and happy communication in any situations.
Her hospitality and communication skills are based on her 20 years experiences of teaching dance, attending to the international VIP guests, and customer service and claim management in the call center.